Pocket

車に詳しい人はよくエンジンを高回転することが車長持ちの秘訣といいます。それはほんとかな?
 

Sponsord Link


 

エンジンは高回転のほうがいい?

内燃機関とも呼ばれるエンジンは、内部で燃焼を繰り返します。エンジン内のバルブやピストンには、カーボンデポジットと呼ばれるススが付着するのはそのためです。そのゴミのせいで、良好な燃焼状態が維持できない症状がおこります。

原因の一つにエンジン回転が低い時にそういった、すすが多く出やすいのです。

回転が低いということは、空気を吸入する勢いが弱くなるということなので、エンジン内で燃焼と空気が混ざりにくくなります。そうすると、空気と結びつかない燃焼は蒸し焼き状態となってススが発生します。

porsche-763740_640

一方、エンジン回転が高いと空気を吸入する勢いが強くなり、燃料と空気が良く混ざるので燃焼状態は良好になります。大道芸でガソリンを口に含みライターにふきかけることで火を噴いている芸を見たことがある人もいるかもしれませんが、あれは勢いよく口からガソリンを吹き出すので、空気とよく混ざり、激しい炎が出るわけです。

「燃えカスが残る」という観点だけで言えば、エンジンはsル程度高回転で回した方がいいのです。
 

Sponsord Link


 

エンジンは高回転で回すとよくない!

エンジン内部のいろいろな部品が稼働していて、それぞれがわずかな隙間でこすれあうように動いています。専門的には部品と部品が擦れあう場所を摺動面(しゅうどうめん)と呼んでいますが、回転が低い時と高い時とでは、クランクシャフト、コネクティングロッド、ピストン、シリンダーなどそれぞれの部品の摺動面の間隔が微妙に異なっています。

低回転ばかり使うと、低い回転域の時にこすれ合う部分にはスムーズな「あたり」と呼ばれるなじみがつきますが、高回転域での摺動面にはあたりがつきません。そして、「あたり」がついていないことから動きには抵抗が出てきます。

それが、いわゆる「回らないエンジン」です。

engine-160230_640

だからといって、回してばかりいると各部の消耗が大きくなるので、エンジンの寿命が短くなります。車を長持ちさせるという観点でいえば、いいことではありません。とはいえ、エンジン単体の耐久性を考えると、普通車であれば20万キロくらいは持つように設計されています。とらっくのディーゼルエンジンの耐久性は100万キロとも言われています。毎日、通勤に車を使う人でも、20万キロとなると相当な年数がかかるでしょう。

エンジンを回せば、それなりに寿命は短くなり、燃費も悪化します。

逆に回転が低い走行ばかりをしていたのでは、エンジン内部で不完全燃焼を繰り返してしまいます。基本的には普段はなるべく低回転はなるべく低回転で走り、ときどき高回転までエンジンを回してやるほうがいいでしょう。
 

Sponsord Link