Pocket

「車を駐車する時、助手席に手を添えて片手でバック。女子はこれにキュンってするらしい」なんて思って片手バックしてませんか?車壊れますよ。

 

Sponsord Link



 

 

ハンドルロックは致命的!ハンドルを持つ手の位置の違いで車は壊れる

3630395512_16bf738e74

車を長持ちさせる秘訣は、毎日の積み重ねとなる車への負担を軽減することが重要になってきます。ハンドル操作もその一つ。人それぞれ癖があり、間違った操作は車に小さな負担をかけ、その負担は積み重なっていくものです。まず、ステアリングの持ち方、教習所で「10時10分の位置でハンドルを持ってください」と教わります。しかし、教習所を卒業した瞬間から、時計は狂い出します。最近では、パワーステアリングですから、片手でも簡単にハンドルが切れてしまうのも要因の一つでしょう。しかし、この片手でのハンドル操作が曲者、片手ハンドルは必要以上にハンドルを切る傾向が強くなるのです。この『必要以上にハンドルを切る』という運転が車にとってはダメージの積み重ねとなっていきます。

パワーステアリングはタイヤの方向を変える操作の補助装置で、運転手は簡単にハンドルがきれてしまうため、タイヤにどれくらい負担がかかっているのか、わかりずらくなってます。走っている状態でハンドルを切っても、操舵系装置に負担はあまりかかりません。しかし、ハンドルを切った状態で停まることでの車への負担は想像以上に大きいのです。

油圧式のパワーステアリングでは、停まってた状態でハンドルを切るとエンジンの回転が低下します。つまり、ステアリングを切るにはエンジンの回転率を下げるほどパワーが必要でそれだけ負担も大きいのです。電動式パワーステアリングであれば、エンジンへの負担はそれほど大きくはありませんが、操舵系への負担は同じくかかっています。操舵系の装置が壊れてしまうと、なかなかいい値段の修理費がかかりますよ。

ちなみに車を駐車する際、よくハンドルロックしてします人はいませんか?ハンドルロックするまでハンドルを切るのは最悪です。異音がするのですぐわかると思いますが、駐車していて「よくハンドルロックするな」と心当たりがある方は、車が原因ではなく、あなたのハンドル操作に問題があるため気を付けましょう。

 

Sponsord Link



 

 

簡単にステアリング操作を改善する方法

driving-562613_640

「必要以上にハンドルをきってるかも」と心当たりがある方は、ハンドル操作の改善を心掛けてください。まずは車庫入れの時から始めてみるのがいいでしょう。

車庫入れの時、カーアクション映画ばりにハンドルを切る方がいますが、そんなにハンドルを切らなくても車庫には入ります。4分の1ほど回転を戻してみてください。ハンドルを切る量が最小限になるよう工夫してあげることが車への負担を和らげます。最善の改善策は「ハンドル操作は持つ手の位置」を基本に戻すことです。効率的な車庫入れ方法を考えていけば、いずれ10時10分が一番いいことに気づくでしょう。

 

助手席のシートに手をかけてバックするのはNG!車の寿命が縮みます

聞きべた

女性へのインタビューなどで「助手席のシートに手を回し、振り返りながら片手でバックする男がかっこいい」なんて話をよく聞きますが、車への負担という点で言えば最悪です。最悪、彼女の前だけにして、普段はしないでください。大切なのは、最初に車を止める位置とサイドミラーの使い方です。上手なサイドミラー使いこなし術は、ミラーポジションに気を遣うことです。サイドミラーを見ない傾向が強い人の多くは、サイドミラーの位置が外側に向いています。これを少し内側に向けてサイドミラーから駐車線と車のタイヤの位置がしっかり把握できるようにしましょう。

 

Sponsord Link