車を長持ちさせる方法

【ガソリン】ハイオク車にレギュラーって大丈夫?価格、燃費を比較するより大事なことがある

更新日:

Pocket

よくハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れている人を見かけます。ガソリン価格はまだまだ高いですから仕方ないのかなぁと思いつつ、本当に大丈夫なの?と心配になりませんか?

Sponsord Link


ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違い

まずはハイオクガソリンとレギュラーガソリンでどういた違いがあるのか、なんでハイオクのほうが高いのかといった点をご説明します。

green-44171_640

発火しやすさ

ガソリンエンジンは、シリンダーでガソリンと空気が混ぜピストンで圧縮します。そのあと、圧縮したガソリンをスパークプラグで点火し爆発させることで車を動かします。

ガソリンは非常に発火しやすい物質です。空気と混合し圧縮する前に自然に発火すると、エンジンがちゃんと回らず、エンジンの故障に繋がります。また、ガソリンが勝手に発火するノッキングと呼ばれる現象も異常燃焼の代表例です。
オクタン価
そのため、ガソリンを精製する際、添加剤を加えることで自然に発火しないようします。そして精製されたガソリンの発火のしにくさを数値で表したものが「オクタン価」と呼ばれるものです。この「オクタン価」が高いほど発火しずらく、「オクタン価」96以上のものをハイオクガソリンを呼び、それ以下をレギュラーガソリンと呼びます。ちなみにスタンドのハイオクガソリンは98~100で優秀な数値です。高いわけですね。。。。

ガソリンを空気に混ぜて爆発させ、エンジンを動かすための大きな力を得るために、圧縮比を高め、スパークプラグの点火時期を、遅らせることでより大きな力を得ることができます。そのためハイオクガソリンは高くて、ハイオク仕様車はパワーのある走りをすることができるんです。

Sponsord Link


ハイオク仕様車とレギュラーガソリン仕様車

では、ハイオク仕様車とガソリン仕様車は何が違うのでしょうか?

parking-825371_640

 
ハイオク仕様車
ハイパワーを狙って圧縮比を高め、点火時期を遅るエンジンを搭載した車を『ハイオク仕様車』と呼びます。そのため、当然ガソリンも発火しにくいハイオクガソリンを使う必要があります。

 
レギュラーガソリン仕様車
レギュラー仕様のエンジンは、オクタン価の低いレギュラーガソリンを使っても異常燃焼が起きないよう設計されています。そのため、想定されるパワーもそこそこ。ハイパワーより安定した運転を念頭に置いた作りになっています。極端にオクタン価の低いガソリンを入れない限り、異常燃焼を起こしません。

 

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れてもいいの?

ハイオク仕様車は、発火しずらいハイオクガソリンを使用するために設計されていますが、ハイオクガソリンでしか走らないというわけでありません。レギュラーガソリンを入れてしまった時と想定して、異常燃焼でエンジンが壊れないように、自動的に点火時期を遅すようにできています。しかし、そうすると仕様上の爆発力が得られず、パワーダウンはもちろん燃費低下が起きてきます。また、レギュラーガソリンを入れた場合、コンピューターで発火時期を遅らせるようにできていますので、当初の仕様通りの動きができないため、当然エンジンには負担がかかり、寿命は当然短くなります。目先の維持費をケチったツケは高くつきますよ。

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れるとパワーもダウンし燃費も悪くなる!しかも、エンジンの寿命は縮む!!

 

レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れてもいいの?

レギュラー仕様車はレギュラーガソリンを使用するよう設計されています。そのため、ハイオクを入れても圧縮比が高まったり点火時期を極端に遅らせることはできません。ハイオクガソリンを入れても問題はありませんが、特に性能も上がりません。値段が高いだけでまったく意味がありせんので、レギュラー仕様車でハイパワーを狙ってハイオクガソリンを入れるなんてことはしないようにしましょう。

Sponsord Link

-車を長持ちさせる方法

Copyright© コイン洗車場.com , 2018 All Rights Reserved.