Pocket

大切な車は長く乗りたいもの。ちょっとした癖を直すだけで車は長持ちするって知ってました?

Sponsord Link


アクセルの踏み方を変えるだけで燃費の良い車に!

car-705870_640

一時よりはましになったとはいえ、まだまだガソリンの値段は高いです。だからこそ、いかに燃費よく乗るかは大切なことですし、燃費よく乗ってあげることが車への負担を和らげます。燃費を左右する要因はエンジンコントロール、つまりアクセルペダルの踏み方です。その理由は、電子スロットル。電子スロットルがモーターをコンピューターで制御して、運転の条件に合わせた最良のコントロールをしてくれます。このコントロールをアクセルペダルで適切に行うことで燃費は2割は向上できるようです。
アクセルペダル踏みすぎ
アクセルペダルを強く踏み込めばグッと加速します。加速時に燃料であるガソリンが最大限に噴射され空気もたくさん入ります。燃料が大量に消費しますから、燃費は当然悪くなります。気持ちはわかりますが、必要がないのにアクセルペダルを強く踏み込んでいる人が多くいるように思います。まず、アクセルペダルを強くではなく、ゆっくり踏み込んで加速する癖をつけましょう。そひて、充分加速したのを確認したらアクセルを戻しましょう。この時、アクセルペダルを完全に戻さず、アクセルペダルにほんの少し足を乗せる程度が適切なアクセルの踏み方です。
ポイントはエンジンブレーキの使い方
充分加速した後、アクセルを戻します。しかし、完全にアクセルペダルを戻してしまうとエンジンブレーキが強くかかりやはりエンジンへは負担がかかります。そのため、加速後、完全にアクセルペダルを戻さなければ、エンジンへの抵抗が少なくなり、燃費もエンジンへの負担も少なくて済みます。最初は、難しいかもしれませんが、微妙な操作でも意識し行うことで、簡単にできるようになります。

Sponsord Link


車のタイプでアクセルの踏み方を変える!

child-862775_640

正しいアクセルペダルの使い方は、ゆっくりペダルを踏み込み、充分加速したところでエンジンブレーキがかかりすぎない程度、アクセルを戻してやるというものです。しかし、軽自動車のターボモデルのように、エンジン排気量が小さいのに倍の排気量並みの出力ができるといった車種があります。こうしたターボエンジンを搭載した車は、特にアクセルの踏み方で燃費が大きく変わってきますし、操作もちょっと違います。
ターボモデルの軽自動車
ターボモデル搭載の軽自動車は、発進する時、強くアクセルを踏み込んで燃料を多く送り込む必要があります。そうすることで一気に出力を高めます。ターボ搭載車ではアクセルペダルの踏み台が弱いと、ターボ特性を充分いかせず、かえってパワーをロスすることになり、余計に燃料が必要となります。つまり燃費が悪い運転になってしまいます。ただし、急発進しろという話ではないので誤解がないように(笑)そのあとは、通常車と同様にアクセルペダルに軽く足を乗せるような感覚でエンジンブレーキを効かせすぎないように運転してください。

Sponsord Link