車を長持ちさせる方法

ガソリンは常に満タンにするべき?あなたの車を燃費のいい車に変えるには?

更新日:

Pocket

ガソリンは満タンにしておくべきかある程度の量でキープしておくべきか、よく議論される部分だと思います。満タンにしておくことと半分程度にしておくではやはり違いはありますので、その部分をご説明します。

Sponsord Link


満タンと半分程度ではパワーが違う!

ガソリンスタンドでガソリンを満タンにしたばかりの頃と長距離を走ってガソリンが半分程度に減った状態では、走りのパワーが違うと感じたことはありませんか?正解です!車のエンジンはガソリンを噴射してから余った分を戻し再利用するシステムになっています。この時、燃料が減っていてタンクの容量に空きがあると、戻ってきた高熱のエンジンでエンジンタンクの温度が上昇する形になります。そして、再度ガソリンを噴出させるといった動作を繰り返します。本来、ガソリンにはエンジンを冷やすといった役割があるのですが、これでは充分エンジンを冷やすことはできません。エンジンが充分冷やされない結果どうなるかと言うと、エンジン内の酸素量が減りエンジンのパワーが本来の仕様を発揮できなくなります。

これがエンジンが満タンの場合と半分程度の場合で走りのパワーが違うと感じる理由です。

とはいえ、これはガソリンが半分であったからといって、エンジンに負担はかかりませんので、車を長持ちさせるといった意味では、満タンにしようが半分程度にしようがどちらでも大丈夫です。

Sponsord Link


満タンと半分では燃費は?

走りを重視するなら、満タンにしておくべきとご紹介しました。では、燃費のことを考えるとどうでしょうか?

waves-circles-285359_640

 

車が重いと燃費は悪くなる

燃費はいろいろな要因で変わってきますが、そのひとつに車の重量です。軽いものと重いものを運ぶのにパワーがいるのは当然、重いものを運ぶ場合ですね。よく、トランクにゴルフバックを積んだままにしておくと燃費は悪くなりますよというのは、そのためです。ガソリンも車の重量に大きく関わってくるため、ガソリンを満タンにした場合と半分程度にした場合のその差分だけ、燃費は変わってきます。車によってガソリンタンクの容量も違いますので、一概には言えませんが、大体1~2%程度の燃費向上が見込めるでしょう。

車の走りの快適さを犠牲にして2%の燃費向上を選ぶかは車のオーナーさんであるあなたの判断ですね。

私は、2%程度であれば、「駆け抜ける喜び」をとります。

 

保管することを考えた場合、満タンか半分か

長期間、車に乗らないことがわかっている場合、ガソリンは満タンにして保管することをお勧めします。なぜなら、なぜなら、タンク内に大きな空間が空いている場合、空気が入って劣化につながる場合があるからです。今の車はタンク内をコーティングしてその劣化を防ぐ工夫がされていますが、絶対に防ぐというものではありません。劣化のリスクがある以上は、満タンにしておくのがベターです。

Sponsord Link

-車を長持ちさせる方法

Copyright© コイン洗車場.com , 2018 All Rights Reserved.