Pocket

コイン洗車場で水洗いをする場合、限られた時間の中で有効に洗車したいところです。

Sponsord Link


水洗いコースの洗車の手順

p2

最初の水かけからシャンプー洗車、洗い流しまでスピーディーに効率良く作業を進る必要があります。そのため、バケツに洗剤液を用意しておくのはもちろん、ケミカル用品や使用アイテムを並べておくのもその手段の一つです。コイン洗車場での洗車の手順はまずはじめにホイールやフェンダーの中といった下回りの汚れから落としていくのが鉄則です。

なぜかというとコイン洗車場の洗車機の水圧はかなりのパワーがあるため、水をタイヤなどの足回りにあてるとボディ下部やタイヤ&ホイールに付着していた、または洗車ブースの床にあるドロや砂などが跳ね上がる可能性が高いからです。

まず下半分の汚れを落としてから、改めて「ルーフ」⇒「ウインド」⇒「ボンネット」と上から下へ水を流していきましょう。

Sponsord Link


水洗いコース

まずは、洗車スペースに車を停めてスタンバイ。コイン洗車機に100玉を入れ、コースを選んだら洗車が開始できます。今回は「水洗いコース」を選択した流れをご説明しましょう。

IMG_1639
 

1.まずはタイヤから

まずはボディ下回りのドロなどを水圧で落とすことから開始していきましょう。中には水圧を選べるコイン洗車機もあります。タイヤ&ホイールから圧水をあてます。事前にタイヤ&ホイールの汚れを落としておけば、ここで洗い流して完了です。

IMG_14661

 

2.ラジエーターに詰まった汚れを落とす

前車が跳ね上がる砂などが少しすつラジエーターに蓄積していきます。これはコイン洗車機の圧力でないと落とせません。しかし、近距離からの水圧でフィンを破損させないよう気をつけましょう。

 

3.マフラー

マフラーを洗う時、正面からダクトに水が入らないように気を付けましょう。錆びて穴が開く原因になってしまいます。

 

4.最後に車の上から下へ水を流します。

ボディの下回りが終わったら上から下へ圧水をかけていきます。ホコリが落とせる程度にサッと水をかけながら全体を洗い流しましょう。「ルーフ」⇒「ウインド」⇒「ボンネット」⇒「トランク」⇒「ボディサイド」の順番に移動し、床に流れたドロや砂を跳ね上げないように注意しましょう。

 

5.シャンプー洗い

ボディに付着したホコリなどの汚れを洗い流したら、用意しておいたシャンプー剤で上から下へ洗車して行きます。ホイールとタイヤはブレーキダストクリーナーやタイヤクリーナーで先に洗い流しておけば、ボディを洗浄しているうちに汚れが浮き上ってきます。スポンジに含ませたシャンプー剤をボディにふりかけながら、車の上から下へ洗っていくといいでしょう。

IMG_1452

 

6.再びコイン洗車機で洗い流す

圧水でシャンプーを洗い流します。ほとんどのコイン洗車機の「水洗いコース」で一時停止ができますので、一時停止中にシャンプー洗いが完了できると完璧です。コイン洗車機は水圧は高いのですが、水の量はそれほど多くないので、パネルの繋ぎ目などに泡が残らないよう効率的にスピーディの洗い流しましょう。

Sponsord Link