Pocket

コイン洗車場へ行くまでもないけど、借りてる駐車場へはホースが引けないし、、、そんなときはバケツで洗車するしかありません。でも、何度もバケツで水を汲みにいくのは大変ですよね。

Sponsord Link


ホースが使いえない場所で車を洗う

車のボディをきれいに保つ秘訣は、汚れたらすぐ洗うことです。しかし、コイン洗車場まで行ってがっつり洗うのは時間もお金ももったいないくらいの汚れの場合は、お手軽洗車グッズを使ってサッと汚れをふき取る方法とバケツに水を汲んできてクロスで汚れを拭き上げる2つの方法があります。お手軽洗車グッズは時短ができて、便利な一方、ボディを痛める可能性もありますので、気になる方はバケツで水洗いしてあげましょう。

 

水垢、油性汚れがつく前に

水洗いでは水垢、ピッチ・タールなどの油性汚れはなかなか落とせません。そのため、水垢や油性汚れがつく前にこまめに洗車するようにしましょう。あくまで、表面に薄っすら被ったホコリを短時間に落としてあげるイメージで拭き上げましょう。水垢などが取れないからといって、力任せにゴシゴシ拭いてしまうと洗車傷がついてしまう可能性も高くなるので、その場合はコイン洗車場でしっかり時間と手間をかけて洗車することをおすすめします。

 

事前に準備するもの

バケツ
bucket-24300_640
用意するバケツは大きいにこしたことはないのですが、大きすぎると水を汲んだ時、重くて運べません。保管することを考えてちょうどいいものがいいですね。

 
吸水性の高いハイテククロス2枚
beach-towel-149936_640

汚れを拭くようものと仕上げ拭き用の2枚を用意するといいでしょう。クロスは汚れと水をよく吸うように吸水性の高いものがいいですね。

Sponsord Link


洗車手順

①水をたっぷり含ませて拭く
汚れの程度にもよりますが、ボディの上に積もったホコリをとる場合は、バケツの水をしかり含ませたクロスをあまり絞らずに、水がダラダラ滴るくらいの状態で、クロスでボディを濡らすようなイメージでボディに当てて拭いていきます。

 
②クロスを少しずつ起こす
ボディ全面を一度水洗いができたら、次にクロスを少しずつ起こしながら移動させていきます。無駄な洗車傷をつけないようにするための大切な技術です。

 
③クロスの汚れをこまめにチェック
クロス表面はボディを拭くたびにこまめにチェックしてください。汚れたクロス面はたたみ直して、常にきれいな面で拭くようにしましょう。

 
④バケツの中ではすすがない
拭いたクロスをバケツの中ですすぐと、水が汚れて使えなくなってしまいます。貴重なバケツ1杯の水を大切に最後まできれいな状態を保って使うために外で絞ってから、新たに水を含ませるようにしましょう。

bucket-157513_640

 
⑤仕上げに乾いたクロスで拭き上げる
最後にボディ面についた水滴を乾いたクロスで拭き取りましょう。ここで洗車傷を気にする場合は、拭き取りようのクロスを霧吹きなどでほんの少しだけ湿らすのもポイントです。

 

洗車傷を割り切りが必要?

潤滑材の役割もあるカーシャンプーを使わないため、洗車傷がつく可能性は、コイン洗車場で洗車する場合よりも高まります。太陽の下や、街灯の下で見ると、浮かび上がる渦巻状の傷がいわゆる洗車傷です。この洗車傷をどうしても許したくない!という場合は、時短洗車はおすすめしません。必ず時間と手間をかけて洗車場で洗車しましょう。

Sponsord Link