Pocket

今日は彼女とデート!出かける前に車を見るとワックスをかけた上からホコリやごみが積もってその輝きは失われてる。わざわざ洗車している時間はないし、、、そんな緊急事態の対処方法です。

 

Sponsord Link



 

 

デート前の5分間カー洗車

彼女との週末デート、午前中に洗車して午後から彼女をお迎えに、、、、なんて出来ればいいですが、疲れた週末はついついお昼まで寝てしまったり、カーケアをさぼってしまうこともありますよね。
いつも時間が取れるとは限らない
コイン洗車場に持ち込んで時間と手間をかけての洗車が毎週できるとは限りません。デート前など、出かける直前に「しまった!車が汚れていた!」なんてこともあるでしょう。そんな時のためにも、手軽に短時間できれいにできるボディケアのテクニックを身につけておきたいところです。水洗いでの洗車に比べて塗装にダメージを与えるため、毎回はおすすめしませんが、最近の時短便利洗車グッズはよくできているので、使ってみるのもいいかもしれません。

 

比較的軽い汚れの場合

ワックスが効いたボディにホコリがかぶり、そこに雨が降った汚れ。ベースのワックスはまだ残っている状態。よく平置きして車に見る状態です。

 
①全体をサッと拭いて表面の汚れをふく
軽い汚れの場合はウェットティッシュタイプがおすすめです。まずは拭き取り面をマメに変えながら、全体を軽く拭いて表面に被ったホコリを落とそう。

 
②拭き取り面をこまめに変えながら拭く
本格的な拭き取り開始。ここでも常にきれいな面で拭くように心がけよう。はじめよりもやや力は入れるが、それでもゴシゴシは擦らない

 
③乾き始めたらシートで仕上げ拭きする
シートが乾き始めたら液体の跡をきれいに拭き上げる。シートを何枚か使って、きれいな面の残った乾き気味のシートを作っておくと便利です。

 

Sponsord Link



 

 

きつい汚れの場合

ノーワックスの屋外駐車場で2ヶ月ほど洗車なしで過ごす車。本来なら洗車してから使いたいところですが、それもままならないこともあるはずです。

 
①たっぷりとスプレーする
汚れがきつい場合には液量を調整できるスプレータイプが便利。多めにスプレーして汚れを浮き上がらせよう。ボディが熱い状態での作業は禁物です。

 
②拭き取りは力を入れずに
液剤が乾かないうちに柔らかいきれいなクロスで拭き取り始める。力を入れず、クロスとボディの間で汚れを強く引きずらないという意識を持とう

 
③クロスを少しずつ起こす
腕の移動に合わせて、クロスを端から少しずつ起こしていくのがポイントです。そうすることで汚れをボディ上で引きずるのを防ぐことができます。

 
④クロスをさらに起こす
クロスをさらに起こしながら汚れを拭いていきます。この最初の汚れを拭い取った面は粒子の粗い汚れが多いので、2回使わないように注意が必要です。

 
⑤拭き取り面をこまめに変えます
最初の拭き取りではひとまず表面の粗い汚れさえ取れていればいいです。全面を拭き取ったら、必要に応じてスプレーを足して新しいクロスで拭き取ります。

 

Sponsord Link