Pocket

カー用品を選ぶ時、種類が多すぎて迷ってしまうことありませんか?そんな一つに『ワックス』と『コーティング剤』の存在。どちらも艶出しって書いてあるし、どっちを使ったほうがいいの?

Sponsord Link


車の艶出しを洗車のついでにしたい!

愛車は常にキレイに乗りたいと思うのがオーナーさんの想いだと思います。ホームセンターで手軽に扱える製品も多いので、オーナーさんに馴染みがあると思います。そこで愛車に艶を与える製品は種類も多いため、どれがいいのか迷ってしまう人も多いのではないのでしょうか。塗装面を保護し艶を与えるケミカルには、その保護被膜の種類によってワックスとコーティング剤の2種類があります。

Sponsord Link


 

ワックス

ワックスは作業性がよく濡れたような深い艶が出る反面、耐久性に劣るのが特徴です。縦・横・縦のパターンで塗りネル地のクロスでふき取ります。固形ワックスは作業性が悪いと言われますが、半渇き状態で拭き取れば作業はしやすくなります。

コーティング剤

主成分であるロウが塗装面に一方的に張り付くワックスに対して、フッ素やシリコンといった合成樹脂を塗装面に化学的に結合させるのがコーティング剤の特徴です。また、コーティング剤は防汚性や耐久性に優れる反面、作業性が悪く、キラキラした光沢も好みが別れると言われています。クロスに適量をとって塗り込んでいくだけで作業はOK。濃車用、淡車用などもあるので購入時は注意したいですね。

 

ワックスとコーティング剤の違い

結論から言うと以前ほど極端な差はなくなったと思います。ただ、ワックスの方が艶に深みがありますが見比べないとわからないレベルです。撥水性としては水滴の流れ落ちるタイミングが違います。ホースの霧状にしてかけてみるとコーティング剤のほうがより早い段階から水滴が流れ落ち始めます。水滴の残っている量からも一目瞭然です。撥水性は水切れのスピードがまったく違います。バケツで一気に水をかけて、水の膜の切れをチェックしてみると、最終的に残る水の量はほとんど変わりませんが、そのスピードには圧倒的に違いコーティング剤のほうが撥水性がよいと言えそうです。

Sponsord Link


おすすめカーワックス

リンレイ キズ消しワックス

 

SOFT99 ソフト99 METALICA



 

シュアラスター



 

おすすめコーティング剤

コーティング剤・ピカピカレイン・ワックス・ガラスコーティング



 

ナノピカピカレイン



 

ガラスコーティング剤ガラスコーティング剤ガラスコーティング剤ガラスコーティング剤ガラスコ…