Pocket

言うまでもなく人気車のトヨタアクア。この2015年のタイミングを考えた時、「買い」か「待ち」か?

Sponsord Link


TOYOTA AQUA(アクア)

コンセプトな5ドアハッチバックのボディに、1500CCエンジンをベースにしたハイブリッドを搭載しています。JC08モード燃費は37km/ℓで優れた経済性も魅力です。気になるエコカー減税は取得税100%、重量税100%。自動ブレーキ付きの衝突回避支援機能は付いていません。

carlineup_aqua_style_15

引用http://toyota.jp/aqua/style/

コンパクトで運転しやすいですが、子育て世代にとっては後席と荷室が狭めですし、収納設備もあまり多くありません。しかし、低重心のハイブリッド車とあって運転感覚はスポーティで楽しめるため、20代、30代前半の男性にはおすすめです。また、シニア世代にも2名以内で乗るのであれば、機能的には充分です。

 

2015年の購入時期は・・・買い!

2014年にマイナーチェンジを受けて、ボディ剛性の向上なので改善が行われています。SUV風のXアーバンも設定して、選択肢も拡大しています。時期的に考えて2015年は買い時と考えます。

Sponsord Link


メリット

  1. 1500CCエンジンを搭載したボディの軽いコンパクトなハイブリッド車とあって、燃費性能はナンバーワンに位置します。
  2. モーターの駆動力に余裕があり、動力性能は1800CCクラスに相当します。車両重量は約1トンと軽く、加速性能が優れています。
  3. 外観は5ドアクーペ風でスポーティに仕上げてあります。全高が1500mmを下回るので、低重心になって走行安定性が優れています。
 

デメリット

  1. 天井が低く、後ろに向けて下降させたので、後席の居住性は窮屈です。腰が落ち込む座り方で、足元の空間もせマメになりますので、試乗して許容範囲かどうか確かめてください。
  2. 走行性は満足できますが、乗り心地はボディ剛性を高めた今でも硬めの印象です。長距離走行には向かないかも?もう少し柔軟性を高めてほしいところです。
  3. サイドウィンドーの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたので、斜め後方の視界が良くありません。縦列駐車などやりにくいかもですね。
 

値引きはできる?

値引きは少額ですがフィットハイブリッドと競争させる形で、トヨタ系列の販売店同士で競わせて値引き交渉をするのがいいでしょう。とはいえ、人気車種のため、あまり値引きできそうにありません。目標額は6万~12万円ほど。外観をSUV風に変更したXアーバンも選ばれますが、価格が高めの設定です。価格を190万円以下に抑えた実用施行のSが最もお買い得でしょう。

Sponsord Link